Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

Liebestod

Der Liebestod ist ein literarisches Motiv, das mit Richard Wagners Musikdrama Tristan und Isolde (1859) in Verbindung gebracht wird. Die Protagonisten der Oper sehnen den Tod als Vollendung ihrer gesellschaftlich unmöglichen, da ehebrecherischen Liebe herbei.
Am Schluss der Oper, nachdem Tristan nach langem Siechtum gestorben ist, sinkt auch Isolde über seiner Leiche tot zusammen. Das Musikstück am Schluss, das allgemein unter dem Titel „Isoldes Liebestod“ bekannt ist, nannte Wagner selbst jedoch „Isoldes Verklärung“. Als Liebestod bezeichnete Wagner das Orchestervorspiel zum ersten Aufzug des Werks.

 第2幕でトリスタンとイゾルデによって高らかに歌い上げられ、イゾルデの最後の歌の表題にもなっている「愛の死」という言葉は、この作品の最も重要なキーワードだろう。原語の「リーベストート(Liebestod)」はワーグナーの造語で、ドイツ語としては普通の単語ではない。「愛の死」とは、もちろん「愛」が「死ぬ」のではない。ここでの「死」(トリスタンの自殺)はマルケ王に対する償いの行為ではない。心中のような「愛ゆえの死」でもない。いわば「愛イコール死」という、ワーグナーが愛の至高の姿を追求した末の言葉であり、音楽なのだ。

by ka2ka55 | 2010-12-08 23:22 | ドイツ語/外国語 | Comments(1)
Commented by Alichen6 at 2010-12-09 07:59
記事と関係ないコメントですみません。先日は本当にありがとうございました。開封したとたん、ものすごい勢いでバクバクいただいてしまいました… とっても美味しかったです。改めて御礼申し上げます。拙宅で日記を書いてしまいました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。