Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

本日のアンコール

d0103632_0312666.jpg
レオ・ヌッチ(leo Nucci)バリトン・リサイタルパオロ・バッラン(Paolo Ballarin)[ピアノ]
2010年12月6日(月)/東京オペラシティコンサートホール(タケミツメモリアル)/19時開演/21時20分終演/
2階右サイド前方B席/10K/★★★★

▼曲目▼
~前半~
トスティ: 君なんかもう
F.P.Tosti: Non t'amo più
ヴェルディ: 乾杯
G.Verdi: Brindisi
レオンカヴァッロ: 4月
R.Leoncavallo: Aprile
プッチーニ:《マノン・レスコー》~“間奏曲”(ピアノ・ソロ)
ベッリーニ:《清教徒》~ “ああ、永遠におまえを失ってしまった”
V.Bellini:《I Puritani》~ “Ah! Per sempre io ti perdei”
ロッシーニ:<老年のいたずら>第9巻~“私の最後の旅のための思い出と行進曲”(ピアノ・ソロ)
ロッシーニ:《セビリャの理髪師》~ “私は町の何でも屋”
G.Rossini:《Il Barbiere di Siviglia》~ “Largo al factotum città”

~後半~
ヴェルディ:《ドン・カルロ》~ “終わりの日は来た”
G.Verdi:《Don Carlo》~“Per me giunto è il dì supremo”
     :《仮面舞踏会》~ “お前こそ魂を汚すもの”
     :《Un ballo in maschera》~“Eri tu che macchiavi quell'anima”
ドーン:《イル・トロヴァトーレ》のファンタジア(ピアノ・ソロ)
ヴェルディ:《ナブッコ》~ “ユダヤの神よ”
G.Verdi:《Nabucco》~ “Dio di Giuda!”
     :《ラ・トラヴィアータ》~ “プロヴァンスの海と陸”
     :《La Traviata》~“Di provenza il mare, il suol”
スミス:《ラ・トラヴィアータ》の華麗なるファンタジア(ピアノ・ソロ)
ヴェルディ:《リゴレット》~ “悪魔め、鬼め”
G.Verdi:《Rigoletto 》~ “Cortigiani, vil razza dannata”

~アンコール~
ヴェルディ:《シチリア島の夕べの祈り》~“富を腕にして”(モンフォルテのアリア)
デ・クルティス:夜の声
ジョルダーノ:《アンドレア・シェニエ》~“祖国の敵”(ジェラールのアリア)
ディ・カプア:オー・ソレ・ミオ
**********
待ちに待った、というべきか、待ってました、というべきか、すでに半年前にチケットを入手してあったヌッチ(Br)のリサイタル。すでに何度か来日しているが、意外にもリサイタルは初めてらしい。約3年前(08年2月)のウィーンでは《道化師》のトニオ役にキャスティングされていたが降板されてしまったため、個人的にも生ヌッチは今回が初めて。
しかし、さらに意外だったのは、ヌッチほどの歌手でも会場は満席ではなく8-9割程度の入りで、とくに安めの席の空きが目立った。てっきりすぐに完売になると思って発売と同時に焦って買うこともなった。結果として、今回の席は、視覚的には申し分はなかったが、音響的には少なからず不満があり、イマイチ。
プログラムはすでにクラシカJPで放送されたミラノ・スカラ座での公演とほぼ同じ。それでもアンコールで歌ったジェラールのアリア(アンドレア・シェニエより)は特にすばらしかった(動画参照)。大喝采の下、最後の「オー・ソレ・ミオ」は観客との大合唱(tutti)。


by ka2ka55 | 2010-12-06 23:31 | 音楽 | Comments(0)