Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

ワーグナー観劇歴

さて、今週末21日(土)には「バイロイト音楽祭」のTV生放送が予定されている。NHKが言うには(TV生放送は)「世界初」だとか。本当だろうか。ドイツ語圏のTVでも前例がないとすれば大したものだと思うとともに、いったい何故の疑問が生じないでもない。でも、まあ、受信料をしっかり払っていることでもあり、じっくり見させてもらおうではないか。
ちなみに当日の演目は「ニーベルングの指環」の第1夜にあたる楽劇《ワルキューレ》。個人的には、どうせなら《ローエングリン》あたりを見たいとは思うけれど。いずれにしても放送事故がないことを心から祈る。

ところで、オペラを頻繁に生で観始めて3年になるが、ワーグナーに関しては(別に敬遠していたわけでもないが)昨年3月13日にNNTT(新国立劇場)で《ラインの黄金》を観たのが初めて。以来、これを含めて1年半の間に生で観たワーグナーのオペラ(楽劇)は以下の10本。けっして(ワーグナーが)好きというわけでもないが、もし嫌いだったら、これほどの短期間にしては多すぎる本数でもあるかもしれない。

 2009年3月13日 《ラインの黄金》 NNTT
 2009年3月19日 《さまよえるオランダ人》 独ベルリン(DOB)
 2009年3月22日 《トリスタンとイゾルデ》 独ケルン
 2009年4月 6日 《ワルキューレ》 NNTT
 2010年2月23日 《ジークフリート》 NNTT
 2010年3月21日 《トリスタンとイゾルデ》 独ベルリン(UDL)
 2010年3月30日 《神々の黄昏》 NNTT
 2010年4月 2日 《パルジファル》(演奏会形式) 東京文化会館
 2010年6月 3日 《ラインの黄金》 独フランクフルト
 2010年6月 6日 《ローエングリン》 独ハンブルク
by ka2ka55 | 2010-08-18 22:58 | 音楽 | Comments(0)