Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

タンクレーディ@上野

d0103632_0401855.jpg
藤原歌劇団公演
タンクレーディ(TANCREDI)
ジョアキーノ・ロッシーニ作曲 台本:ガエターノ・ロッシ
オペラ2幕 字幕付き原語上演
2010年6月11日(金)/東京文化会館/18:30開演/21:25終演/5階E席Lブロック/3K/★★★★/

指揮: アルベルト・ゼッダ  演出: 松本重孝
タンクレーディ: マリアンナ・ピツォラート
アメナイーデ: 高橋 薫子
アルジーリオ: 中井 亮一
オルバッツァーノ: 彭  康亮
イザウラ: 鳥木 弥生
ロッジェーロ: 松浦  麗
合唱: 藤原歌劇団合唱部
管弦楽: 読売日本交響楽団/チェンバロ: 小谷 彩子
字幕: 松本重孝

なんてったって高橋薫子とゼッダである。演目の《タンクレーディ》については直前に「あらすじ」を読み、ナクソスのCD音源(ゼッダ指揮)で一回通しで聴いただけではあったが、今回に限っては余計な予習は不要。相変わらず文句なしの高橋薫子(S)はもちろん他の女声(マリアンナ・ピツォラート(Ms)、鳥木弥生(Ms)、松浦麗(Ms))も申し分なし。男声は…。
客席数1500前後のドイツのホールと比べて2300席の文化会館は文字どおり大ホールではあるが、最安席の5階サイドでも視覚的には多少見切れるとはいえ問題はなく、音響的にも申し分ないことをあらためて実感した。昨夜はオケ(読売日響)のせいもあるのだろうか。特に木管の音がよかった。
by ka2ka55 | 2010-06-12 00:59 | 音楽 | Comments(0)