Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

ホフマン物語@名古屋(?)

d0103632_3422946.jpgオペラの実演で何を一番観たいかと聞かれたら、ちょっと前までは《ローエングリン》だったのだけど、今は迷わず《ホフマン物語》(Les contes d'Hoffmann)と答えるだろう。オペラに登場する人物、たとえばローエングリンにしろドン・ジョヴァンニにしろ、彼らに共感をいだくことはほとんどないのだが、なぜか《ホフマン物語》のホフマンには妙に惹かれるものがある。いや、それよりもなによりも音楽がスバラシイ。すっかり気に入ってしまった(特にお気に入りが下記YT動画のシーン)。

しかし比較的人気のある作品にもかかわらず、《ローエングリン》がそうであるように、《ホフマン物語》が日本で上演されることは滅多にない。したがって、実演を観たければ、海外へ行くしかない。
そこで例によってOperabaseで検索したところ、今シーズン(09/10)中(ドイツ語圏内)に限っても、これからいくらでも観るチャンスはありそうだ。
などと妄想しつつ眺めていると、公演地に"Nagoya"の文字を発見。間違いでなければ、「2010年10月18日と20日に名古屋で新演出(Neuinszenierung)の《ホフマン物語》が上演される」ということ。


*どうやらOperabaseの上記告知には誤りがあり、名古屋での公演日程は10月ではなく「9月18日と20日」が正しいようだ。
あいちトリエンナーレ2010」(2010.8.21~10.31)という3年ごとに定期的に開催されている国際芸術祭の一環で行われる公演らしい。チケットの発売は未定のようだが(関連記事)、スタッフやキャストはすでに決まっている模様(Operabaseを参照)。


by ka2ka55 | 2010-02-10 10:37 | 音楽 | Comments(0)