Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

Neue Stimmen 2009 ― 韓国の声?

引き続きOpernnetz.deからの拾い読みによると、"Neue Stimmen 2009"(直訳すると『新しい声2009』)と称する若手のオペラ歌手を対象とした国際オペラ歌唱コンクールのドイツ本選結果が報告されているが、なんと韓国人が1位から3位まで独占してしまったとある。
これは聞き(読み)捨てならない。というわけでもないが、ネットを検索してみると、今年5月にアジア予選が横須賀で開催されていたことが判明。ついでに、同本選の結果が発表されているサイトもあり、それによると「第13回世界オペラ歌唱コンクール「新しい声2009」ドイツ本選は、日本をはじめ世界63カ国、参加総数1,100人の予選を通過した41人により2009年10月25日(日)~31日(土)ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州、ギュータースロー市において本選が行われました。」とのこと。
どれほど権威のあるものかわからないが、1987年に始まり2年おきに開催されているコンクールらしい。もし日本人が一人でも入賞していれば、もう少し大きく日本のメディアでも扱われるだろうが、「予選不通過」ではどうしようもない。
ドイツのサイトには1位(Eunju Kwon(クウォン・エユンジュ)、S)、2位(Kihwan Sim(シム・キューワン)、B)、3位(JunHo You(ユー・ユンホ)、T)受賞者の動画が掲載されているが、さすがにいずれも見事な歌唱である。やりますな、韓国人。

 
本選の模様

by ka2ka55 | 2009-11-14 21:46 | ニュース | Comments(0)