Das Notizbuch von ka2ka ― ka2kaの雑記帳

オペラはどうした?

このところすっかり自転車モード全開でオペラ関連の記事が影を潜めてしまった。じっさいに観て(聴いて)いないので書きようがないのだが、まあ基本的に9月までは(新国を含めて)オフシーズンということでもあるし。
とはいえ、今月半ば以降から徐々に予定が入っている。まずはコンサート形式のものから。今月末には某音楽祭も。それにしてもこのところ妙に《愛の妙薬》(「愛妙」と略すらしい)の上演が目立つ気がするのだがなぜなのか。アタシ自身、今年すでに2回観ているし、今後もたぶん来年にかけて2-3回観ることになるかもしれない(たしか新国でも来シーズン上演されるはず)。まあ好きな演目なので楽しみではある。
新国といえば、芸術監督を務めていた若杉弘氏が先日お亡くなりになり、痛く残念。直前に某所で「末期」のウワサが流れていたこともあり訃報には唐突感というより「やっぱり」感が強かった。また、氏が振る演奏(オペラ)を観たのは昨年5月の《軍人たち》が最後だったが、カーテンコールで舞台に登場した際の姿が(演奏とは裏腹に)あまりにも弱々しいのも妙に印象的だった。
by ka2ka55 | 2009-08-02 10:57 | 音楽 | Comments(0)